新型コロナウィルス対策

◆ 3つの密(密閉・密集・密接)、手洗い、咳エチケットの対策で感染リスクを低減します。

◆ 基本事項 ◆

1.密閉空間 → 室内空間を換気をする。

2.密集場所 → 密集したところを回避する。

3.密接場所 → ソーシャルディスタンスの徹底を行う。

4.手洗い・消毒 → ウィルスの除去を行う。

5.咳エチケット → 飛沫感染防止を行う。

・上記を守って感染しないように一人ひとりが対策を行う。その他は、随時、発表される国、自治体、関係団体の指針を確認して感染リスクの低減を図り、取引先などにもご迷惑をかけないように対応します。

 

 

1.密閉空間の対策
 

1.執務室の窓やドアを開けてこまめに換気します。

2.送風機器を使用して、飛沫が停滞しないように換気します。

 

2.密集場所への移動制限
 

1.人が密集している場所への移動は回避します。

2.屋外でも密集している場所へは行きません。

 

 

3.密接場所での対応
 

1.他人との距離を取ります(最低1m以上、極力2m以上)

2.エレベーターや電車では、会話をしない。

3.マスクを着用して会話する。(会話は1回5分以内)

 

4.日常での手洗い・消毒
 

1.執務室の出入り時では、書毒を行う。

2.食事前などこまめに設計などでてを洗う。

3.洗っていない手で目・鼻・口などを触らない。

 

 

5.マスク着用による飛沫感染防止
 

1.日常的にマスクを着用する。(会話時は必須)

2.咳などをする時は、ハンカチなどで口・鼻を覆う。(マスク非着用時)